lotuseuropa
Original photo by: Christophe. Licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported, 2.5 Generic, 2.0 Generic and 1.0 Generic license.

ロータス初のミッドシップ

1966年発売、ロータス初のミドシップスポーツカー。ロータス・セブンの後継として開発が始まり、軽量なことはもちろん、Y字バックボーンフレームとFRPボディにはエランの流れも見ることができます。
最初期型のシリーズ1は、ルノー・16ベースの水冷式直列4気筒1.5リッターOHVエンジンと4段MTを搭載。一度見たら忘れられない特徴的なスタイリングも大きな魅力です。

永遠の憧れ・往年のブームの立役者

ロータス・ヨーロッパと言えば、英国車という枠組みを超えて、広く日本のファンにスポーツカーの素晴らしさを知らせたクルマです。フィクションの世界でも活躍し抜群の知名度をもちながら、その希少性から多くのファンにとって「永遠の憧れ」になっているクルマでもあります。
オーナーに絶大な「所有する喜び」、そして自分好みに仕上げていく楽しさを与えてくれる、歴史に燦然と名を残す名車です。

よくあるトラブルとおすすめチューンメニュー

FRPボディであるため、ボディのサビは心配ありませんが、下回りは金属ですのでケアが必要です。自分好みのモディファイと合わせて、消耗・劣化部品の交換、キャブ調整と合わせた定期的な点検をおすすめします。
リーフガレージでは6か月に1度の定期点検をおすすめしています。オイル交換はもちろんのこと、普段見落としがちなトラブルが悪化する前に未然に防ぎます。
ご購入後のメンテナンスも安心してリーフガレージにお任せください。